第1回 G検定日替わり問題シリーズ〜時事編〜

日本ディープラーニングが実施するG検定に出題される時事問題を日替わりで出題する「G検定日替わり問題シリーズ〜時事編〜」です。

本日の問題

本日の問題を作ったのはクレアです。【問題】特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の枠組みの下で,自律型致死兵器システム(LAWS)に関する政府専門家会合(GGE)の2019年第一会期が開催されるにあたり、Possible outcome of 2019 GGE and future actions of international community on LAWSで述べている日本の指針として最も適切な選択肢を一つ選べ。

①AIの自律型技術の平和的利用のアクセスや進展を妨げるべきでなく、兵器システムの使用についての決定に係る人間の責任は機 械側に移転してはならない。

②AIの自律型技術の平和的利用のアクセスや進展を妨げるべきでなく、兵器システムの使用についての決定に係る人間の責任は無く、 機械が原因となるため機械側に移転できるような規定が必要である。

③国際人道法は既存の兵器システムに適用されるものであり、LAWSの開発及び使用の可能性は国際人道法に含まない。

④国際人道法が全ての兵器システムに完全に適用され続けるが、LAWSは現実に存在しない兵器であるため、開発及び使用の可能性を含まない。

本日の問題の答えは明日公開!

AIドルを運営するStudy-AIでは、「AI実装検定」も実施しています。AIエンジニアになるための一歩目として、ぜひ活用してみてください。

「AI実装検定」とは
中学校までの義務教育を受けていれば誰もが受験可能な検定です。

AIを知るための第一歩として位置づけており、AIで何かを作るための知識とスキルを測ることができます。エンジニアを目指して、まずG検定に合格した方が、一般社団法人 日本ディープラーニング協会が認定する「E資格」取得のための勉強を始める実力の指標となる資格です。

詳しくはこちら