第4回 G検定日替わり問題シリーズ〜時事編〜

日本ディープラーニングが実施するG検定に出題される時事問題を日替わりで出題する「G検定日替わり問題シリーズ〜時事編〜」です。前日の問題の答えと、本日の問題を掲載します。

昨日の問題の答え

②ジョン・マッカーシー

本日の問題

本日の問題を作ったのはすみれです。【問題】人工知能は1950年代から現在にかけてこれに対する期待感からブームが起こり応用範囲の限界によって終わりを迎えるという流れを繰り返してきたが、
推論と探求に関して始まり、現実問題に比べ単純なトイプロブレムしか解けないという欠点によって終わりを迎えたブームは次のうちどれか。

【選択肢】

①第一次AIブーム

②第二次AIブーム

③第三次AIブーム

本日の問題の答えは明日公開!

AIドルを運営するStudy-AIでは、「AI実装検定」も実施しています。AIエンジニアになるための一歩目として、ぜひ活用してみてください。

「AI実装検定」とは
中学校までの義務教育を受けていれば誰もが受験可能な検定です。

AIを知るための第一歩として位置づけており、AIで何かを作るための知識とスキルを測ることができます。エンジニアを目指して、まずG検定に合格した方が、一般社団法人 日本ディープラーニング協会が認定する「E資格」取得のための勉強を始める実力の指標となる資格です。

詳しくはこちら