第5回 G検定日替わり問題シリーズ〜時事編〜

日本ディープラーニングが実施するG検定に出題される時事問題を日替わりで出題する「G検定日替わり問題シリーズ〜時事編〜」です。前日の問題の答えと、本日の問題を掲載します。

昨日の問題の答え

①第一次AIブーム

本日の問題

本日の問題を作ったのはかとだいです。【問題】1980年代、AIプログラムの一形態である「エキスパートシステム」が世界中の企業で採用されるようになった第二次AIブームでの「シンボルグラウディング問題」とは何か?その例として最も適切なものを一つ選べ。

①人間の代わりに危険な作業をする人工知能搭載ロボットは、時限爆弾が仕掛けられた部屋の中に入り、貴重な美術品を運び出すよう指令を受けた。ロボットは、無事美術品を運び出せたものの、美術品が載った台車に爆弾が取り付けられていたことに気づかず、爆弾も一緒に運び出してしまった。

②「りんご」を一度も見たことがない人は、「りんご」という記号(文字列)を与えられただけでは「りんご」が一体何なのかを理解できない。さらにコンピュータにおいては「青りんご」という記号を与えられただけでは、それは単なる記号の羅列に過ぎないため、それが「青いりんご」を指すとは理解できない。

③ある程度ルールが決まったゲーム上でしか探索と推論を行えない。

本日の問題の答えは明日公開!

AIドルを運営するStudy-AIでは、「AI実装検定」も実施しています。AIエンジニアになるための一歩目として、ぜひ活用してみてください。

「AI実装検定」とは
中学校までの義務教育を受けていれば誰もが受験可能な検定です。

AIを知るための第一歩として位置づけており、AIで何かを作るための知識とスキルを測ることができます。エンジニアを目指して、まずG検定に合格した方が、一般社団法人 日本ディープラーニング協会が認定する「E資格」取得のための勉強を始める実力の指標となる資格です。

詳しくはこちら