第6回 G検定日替わり問題シリーズ〜時事編〜

日本ディープラーニングが実施するG検定に出題される時事問題を日替わりで出題する「G検定日替わり問題シリーズ〜時事編〜」です。前日の問題の答えと、本日の問題を掲載します。

昨日の問題の答え

本日の問題

本日の問題を作ったのはクレアです。【問題】知識と蓄積・管理することの大変さが明らかになり冬の時代へ突入していたAIは、2010年代に入りディープラーニング(深層学習)が登場したことにより再ブームが起こる。その要因を説明した、次の文章に当てはまる選択肢を1つ選べ。

2010年代に入り、(ア)と呼ばれる大量のデータを用いることで、人工知能が自ら知識を獲得する(イ)が実用化された。特に深層学習は(ウ)を自ら学習することによって、“どのような行動を行うべきか” を判別できる。

①(ア)エッジコンピューティング(イ)機械学習(ウ)目的変数

②(ア)データベース(イ)ロボット(ウ)隠れ層

③(ア)ビッグデータ(イ)機械学習(ウ)特徴量

本日の問題の答えは明日公開!

AIドルを運営するStudy-AIでは、「AI実装検定」も実施しています。AIエンジニアになるための一歩目として、ぜひ活用してみてください。

「AI実装検定」とは
中学校までの義務教育を受けていれば誰もが受験可能な検定です。

AIを知るための第一歩として位置づけており、AIで何かを作るための知識とスキルを測ることができます。エンジニアを目指して、まずG検定に合格した方が、一般社団法人 日本ディープラーニング協会が認定する「E資格」取得のための勉強を始める実力の指標となる資格です。

詳しくはこちら