「AIの歴史について」第13回 G検定日替わり問題シリーズ

日本ディープラーニングが実施するG検定に出題される時事問題を日替わりで出題する「G検定日替わり問題シリーズ〜時事編〜」です。前日の問題の答えと、本日の問題を掲載します。

昨日の問題の答え

【解答】③シンボルグラウンディング問題

本日の問題

本日の問題を作ったのははるはるです。 【問題13】この文章を読み,空欄( ア ) 〜 ( ウ )に当てはまる適切な組み合わせを一つ選べ.

エキスパートシステムとは,AIを実現するための技術の一つで,医療や法律などの専門分野の知識を取り込み,それに基づく推論・アドバイスを可能とするシステムである.世界初のエキスパートシステムは(ア)年に開発され,1980年代にはエドワード・ファイゲンバウムの提唱した知識工学を基に,多くの企業がこのシステムを業務に導入するなど実用的ツールとして広く利用されるようになり,第二次AIブームが訪れたが,その後終結してしまった.

当時はまだテクノロジーが未熟だったため、(イ)は困難であった. また,AIは人間の手でインプットされたプログラムに従って機械的に処理しているに過ぎなかったため、莫大なコストと時間が必要だった.更に,専門家の知識や規則の中にはお互い矛盾するものや定式化できないものも多く,それらの論理体系をコンピュータ上の単純で伝統的なアルゴリズムで再現することは非常に難しいと言う(エ)の問題などが原因であった.

①(ア)1955(イ)画像を認識すること(ウ)インサイド問題
②(ア)1965(イ)インターネットを通じて情報を収集すること(ウ)フレーム問題
③(ア)1975(イ)分析結果を反映するロボットを開発すること(ウ)ボックス問題

本日の問題の答えは明日公開!

AIドルを運営するStudy-AIでは、「AI実装検定」も実施しています。AIエンジニアになるための一歩目として、ぜひ活用してみてください。

「AI実装検定」とは
中学校までの義務教育を受けていれば誰もが受験可能な検定です。

AIを知るための第一歩として位置づけており、AIで何かを作るための知識とスキルを測ることができます。エンジニアを目指して、まずG検定に合格した方が、一般社団法人 日本ディープラーニング協会が認定する「E資格」取得のための勉強を始める実力の指標となる資格です。

詳しくはこちら