「Cycプロジェクト」について答えられますか? -第15回 G検定日替わり問題シリーズ

日本ディープラーニングが実施するG検定に出題される時事問題を日替わりで出題する「G検定日替わり問題シリーズ〜時事編〜」です。前日の問題の答えと、本日の問題を掲載します。

昨日の問題の答え

【解答】

本日の問題

本日の問題を作ったのはかとだいです。

【問題】
現代版のバベルの塔とも呼ばれている一般常識を知識ベース化するプロジェクト「Cycプロジェクト」を通じて、判明したことは何か。次の選択肢の中から正しいものを一つ選べ。

①人間の知識レベルには限界があるため、一般常識を知識ベース化することは容易である
②人間の知識レベルには限界はないが、知識同士の関係を整理・理解することで、一般常識を知識ベース化することが可能になった
③人間の知識は常に更新されており、その知識量は膨大であるため、一般常識を知識ベース化することは非常に困難である
④昨今のディープラーニング技術により、Cycプロジェクトは完了することがわかった

本日の問題の答えは明日公開!

AIドルを運営するStudy-AIでは、「AI実装検定」も実施しています。AIエンジニアになるための一歩目として、ぜひ活用してみてください。

「AI実装検定」とは
中学校までの義務教育を受けていれば誰もが受験可能な検定です。

AIを知るための第一歩として位置づけており、AIで何かを作るための知識とスキルを測ることができます。エンジニアを目指して、まずG検定に合格した方が、一般社団法人 日本ディープラーニング協会が認定する「E資格」取得のための勉強を始める実力の指標となる資格です。

詳しくはこちら