ディプラーニングに欠かせないCNNについて説明できますか?-第17回 G検定日替わり問題シリーズ

日本ディープラーニングが実施するG検定に出題される時事問題を日替わりで出題する「G検定日替わり問題シリーズ〜時事編〜」です。前日の問題の答えと、本日の問題を掲載します。

昨日の問題の答え

【解答】②ResNet

本日の問題

本日の問題を作ったのははるはるです。 ディープラーニングの手法はCNN (Convolutional Neural Network)を基礎としている。次の選択肢の中で、正しいものを選べ。

①初期代表モデルは LeNetとResNetだった。

②2014年に開催されたImageNetを使った大規模画像認識のコンペILSVRC(ImageNet Large Scale Visual Recognition Challenge)でAlexNet が圧倒的な成績で優勝して以降、ディープラーニングの主要な手法は画像認識となった。

③VGG16、VGG19 は、AlexNetをより深くした畳み込み層とプーリング層から成るCNNで、畳み込み層や全結合層をそれぞれ16層、19層重ねたもの。

④2015年のILSVRCで優勝したGoogLeNetというネットワークは、それまでのネットワークでは層を深くしすぎると性能が落ちるという問題があったが、それを「スキップ構造」によって解決し、152層もの深さを実現した。

本日の問題の答えは明日公開!

AIドルを運営するStudy-AIでは、「AI実装検定」も実施しています。AIエンジニアになるための一歩目として、ぜひ活用してみてください。

「AI実装検定」とは
中学校までの義務教育を受けていれば誰もが受験可能な検定です。

AIを知るための第一歩として位置づけており、AIで何かを作るための知識とスキルを測ることができます。エンジニアを目指して、まずG検定に合格した方が、一般社団法人 日本ディープラーニング協会が認定する「E資格」取得のための勉強を始める実力の指標となる資格です。

詳しくはこちら