AI実装検定とは

AIを100万人が学ぶこと。
それがAI実装検定の設立意義です。

世界の時流においては、流通、エネルギー、金融、軍事、教育、農業、医学、すべての分野でAIの研究が進んでいます。

AI実装検定の設立意義

AI実装検定の対象者

AI実装検定は中学校までの義務教育を受けていれば誰もが挑戦することができます。

独りよがりの知識ではなく、体系的なディープラーニングの実装知識とスキルを自他ともに認められるための客観的なメジャーがAI実装検定です。

この検定により自分の持っている知識、足りない知識をしっかりと把握することができ、客観的に証明することができます。

まずは、AI学習の第一歩として、それぞれの目的をもってチャレンジしてください。

AI実装検定の特徴

実際に今のAIで出来る事にテーマを絞り客観的にスキルを測ります。
具体的には、AIの中でもディープラーニング、さらに画像分類の実装スキルに焦点を絞り、以下三つのセグメントでの基礎力を測定します。

① ディープラーニングの実装に必要な数学の知識

高度な数学は必要なく、学ぶ範囲は限られています。

とはいえ、AIの実装というよりはAIの書籍や論文を読んでこれからスキルアップを図れる人材という意味で数学をはじめに理解しておくことが近道となります。急がば回れです。

文系の方やプログラマーの方、これを機会に数学も一つの言語と考え勉強して頂けたら幸いです。

② ディープラーニングの実装に必要なプログラミングの知識

AIの実装に難しいプログラミングの知識は必要ありません。

とはいえ、理論だけ理解してもAIを実装することは出来ません。

それに、AIの概念を数式や文章で理解するのはとても大変で、プログラミングで実行しながら理解するのが近道で楽な方法です。

③ ディープラーニングの実装について基礎理論の理解。

基礎理論は、実は足し算と掛け算です。ところが、ここが理解できていないと「何となく」しか実装することが出来ません。

しっかりと基礎を理解していることをこの検定を通し自他ともに確認することができます。

AI実装検定のその後

★AI実装検定の合格者には「ディープラーニング実装士」の称号が付与されます。ロゴや認定証が配布されますのでPRにご活用ください。

★ディープラーニングの資格には現在、日本ディープラーニング協会が主催する「E資格」という試験があります。この資格はAIの最高峰とも言え上級者向けの資格です。
AI実装検定(A級)合格者はこのE資格にチャレンジするためのスキルが十分に身についていると言えます。(AI実装検定実行委員会主催(ASAH社)ではE資格のプログラムも提供していますので連動しています。)
さらなる高みを目指す方は是非チャレンジしてください。

★スキルを磨いて社内でのキャリアチェンジや転職によるキャリアチェンジで未来を変えてください。