AI開発サロン―概要

サロン概要 実際にリリース(又はPoC)したアプリの企画段階から、開発、リリース迄の一連を分かりやすい解説付きでオンラインにてライブ配信します。(録画視聴期間3カ月)
対象 AIに興味のある方どなたでも。
(プログラミングが読めない方が対象のサロンです。)
配信テーマ(予定)
2020年8月 キャンペーン期間中:AI入門教材《検定対応》の視聴のみ
2020年9月 キャンペーン期間中:AI入門教材《検定対応》の視聴のみ
2020年10月11日(日)14時放送 OCRによる文字認識アプリ(Windowsアプリ+GCP)
2020年11月15日(日)14時放送 OCRによる文字認識アプリ(Windowsアプリ+GCP)
2020年12月 音声認識によるドローン操作アプリ
2021年1月以降 サロン会員投票でAIアプリを選定
2021年2月 GANによる証明写真制作アプリ(表情自動生成)
※配信テーマはリリースや開発の都合で予告なく変更します。
学習目安時間 30~60分
前提知識 G検定程度のAI基礎知識(なくても可)
サロン月会費(税別)
月額999円
サロン入会費(税別)
一般会員:15,000円
有資格会員:無料  ※有資格会員とは、E資格かG検定、又はAI実装検定の取得者となります。
視聴期間 配信後3カ月
視聴環境 本ページのサンプル動画が問題なく視聴できる事
目標

AIアプリをリリースできる人材へトランスフォメーション


※本サロンのビデオを視聴するだけではエンジニアにはなれません。ビデオではAIアプリをリリースするための開発に必要な言語や具体的なツール、やり方を解説するので興味があるアプリがあれば自分でやってみるという事が大切です。また、AIの部分については本サロンで無料公開している超AI入門講座を勉強したり資格試験を目標にして研鑽してください。

会員交流(無料)

会員制のSlackコミュニティーに参加も可。日々の勉強について助け合いの場ですが、どんなAIアプリを作りたいかや、アイディアなどの交流の場として開放

10月入会受付中!退会はいつでも可能な月謝制で安心です!

AI開発サロン 3つの特徴

その1

地味アプリ

課題ドリブンでアジャイル開発

まずは「地味」だけれども実用的なアプリをテーマとして選択します。

地味アプリ例1

OCR文字認識アプリ


一般文字認識のような簡単なAIでしたら1週間でリリースも可能です。地味でつまらなそうでも簡単に高速にビジネスや仕事の効率をUP出来るアプリを作ってみましょう

地味アプリ例2

GANで証明写真加工アプリ


履歴書に添付する写真がもっと爽やかな写真だったらと思う時があると思います。現場の(転職エージェントなど)課題から役に立つアプリを作ってみましょう。

10月入会受付中!退会はいつでも可能な月謝制で安心です!

AI開発サロン 3つの特徴

その2

動きが楽しいアプリ

物理的な出力結果が楽しいこと

本サロンではドローンや音楽、チャットボットなど物理的な出力結果が楽しいアプリも勉強テーマとして扱います。 AIとは原理的には数学ですが、ドローンなどのIoTを通して現実世界と数字のつながりのイメージが沸くとさらにいろいろなアプリのリリースを検討する事ができるようになります

動きが楽しい例1

ドローン

画像認識や音声認識などをドローンを通して学びます。IOTで取得したデータがどのように数字となり実装されまた出力となって動くのかイメージを持ってもらう事がGoalです(写真:2017年12月ドローン講座

動きが楽しい例1

自動作曲


動画はAI自動作曲の『akaihane』- AIが作曲とは思えない素敵な音楽ではないでしょうか。演奏のワライナキの高田志麻さんには弊社講座でも特別に歌っていただきました

10月入会受付中!退会はいつでも可能な月謝制で安心です!

AI開発サロン 3つの特徴

その3

いつも勉強を

入門者向け本格教材を開放

エンジニア解説が難しいなと思う方に入門講座や教材を開放中です。資格試験にも対応していますのでG検定やAI実装検定を目指している方にもお勧めです。

超AI入門講座が利用無料(63動画)

AI実装検定公式テキストの「超AI入門講座」は 小中学生でも親しみやすいテイストですが、進んでいくとAI資格試験の最高峰といわれるE資格の勉強準備が整う、あるいは、基本的なAIの技術書籍が読み進められるほどの高度な内容を習得できます 全国高等専門学校ディープラーニングコンテストに参加する教職の皆様にもご活用いただいている教材です

全63動画(本無料開放版では音声解説はありません)。パソコンの設定から順番に学ぶことができます。

Python講座

AIを学ぶためのPython講座
[AI実装検定公式]

Chapter1

※Pythonの基本/ライブラリを使う迄解説付き動画&ハンズオン資料

Chapter2

※ハンズオン資料のみ

G検定模擬問題

G検定(AIの知識)
★set2,set3付★

G検定機械学習入門動画(40分)


G検定(ディープラーニングと機械学習の検定)模擬テスト

G検定模擬テスト240題(120分)×3

本模擬試験はベータ版として240題を既に一般公開しておりますが、本アプリ講座会員様限定でset2,set3(それぞれ約200題)を別途開放します。G検定は範囲が膨大なため、テスト前の模擬問題は沢山あればあるほど合格する確率が高まります。

10月入会受付中!退会はいつでも可能な月謝制で安心です!

AI開発サロン おまけの特徴

上級者向け本格教材も開放

BERT実装講講座

自然言語処理の最先端技術

    

■内容:BERTの実装

■対象:TransFormerの基本機構を理解している上級者

■視聴時間:30~40分 

■実装コード:青空文庫のデータを用いての演習ソース(9月から本サロン会員限定で無料開放)

■実装環境:Google Colaboratory

■構成:機構説明⇒基本的なコード説明⇒青空文庫での実装例ハンズオン

※期間限定無料公開

E資格認定プログラム

[一部無料公開]

■内容:E資格(AIの試験の中では最高難易度)の試験範囲から、BERTに必要なTransFormerの解説講義を本サロン会員限定で無料開放

-E資格認定プログラム[No.00011]で実際に提供されている教材です。

■対象:RNN及びSeq2seqまでの基本機構を理解している上級者(赤本②程度)

■視聴時間:30~40分

■実装環境:Google Colaboratory

■構成:機構説明⇒基本的なコード説明

※期間限定無料公開

10月入会受付中!退会はいつでも可能な月謝制で安心です!

Q&A

本サービスはビデオの視聴だけでオフ会などはありますか?

社会情勢が良くなった頃にはオフ会や屋外での講座も開催もご案内したい方針です。

ソースコードは配布されますか?

超AI入門講座のソースコードは配布されますが、アプリのソースコードは配布されません。尚、テーマによってはオプションでソースコードや実機(ドローンなど)の販売等も予定しております。

学習環境について教えてください

インターネットにつながる環境、通常のスペックのパソコンが必要です。

このサロンではE資格の教材も提供されますか?

いいえ。E資格の教材は提供されません。ただ、本講座はE資格認定プログラム[No.00011]を主催するStudy-AIが提供しており、今後、本サロン会員へ優待ご案内や、18歳以下の無料提供を予定しています。

会員登録はこちら

10月入会受付中!退会はいつでも可能な月謝制で安心です!

退会はこちらよりお願いいたします。